夫婦共通の趣味~一口馬主のかけだし(2016年)~

こんにちは、やちゃん です。

今回は現在の2人の趣味である、一口馬主についての記事です。

2021年4月現在、我が家は東京サラブレッドクラブとキャロットクラブで一口馬主を楽しんでいます。

一口馬主とは

馬主として一人でまるまる一頭の馬を持つのはものすごくお金がかかって無理だけど、複数の人がお金を出しあって馬主気分を楽しめる、というのが一口馬主です。

馬代からはじまり、毎月の餌代や牧場や厩舎への預託料の負担をするのはもちろんですが、賞金なんかも持っている口数に合わせて払われるので、プチ馬主気分が味わえます。

我が家の一口馬主デビュー

我が家の一口馬主の歴史は2016年、東京サラブレッドクラブから始まりました。

当時、「やってみたいけどお金かかるし…」と入会を諦めていた彼(現夫)でしたが、

「馬券にお金をたくさん使うよりよっぽど楽しみが持続しそうだし、万が一結婚して子供産まれたらますます出来ないだろうからやるなら今じゃない??」

と、なぜか私が前のめりで先に入会しました。

そして今も私の方が出資頭数が多いです…(笑)

致命的な出費にはならないだろうし、やっとけば良かったと後悔したくなかったんです。

今思えば年々出資馬は増え、固定費が上がるので節約的には悩ましくもありますが…

上のクラスでも活躍してくれるような馬が現れたら、みんなの餌代を稼いでくれるのでは?と淡い期待を持って続けています。

どうやって出資馬を決めたか

2016年出資検討時、カタログ自体はキャロット・シルクも取り寄せたのですが、一次募集も終わったあとだったので2つのクラブは残ってる子も少なかったです。

比較的残っていた東京サラブレッドクラブの中から…

  • 芦毛である(芦毛は正義!)
  • レッドエルディストの妹である(追い込みが好きだった)

という理由で、レッドアルジーヌ(ショウダウン2015)に出資をしました。

その後、

  • 可愛すぎる見た目
  • 血統的に魅力があり、なおかつ破格で残口数あり←今思えばこれはトラップ?

という理由から、レッドミスティ(マンハッタンフィズ2015)にも手を出し、初年度から出資馬は2頭に。

ちなみにこの年の夫のチョイスはレッドレネット(プリンセスルシータ15)です。

初年度産駒の活躍状況

初年度(2015年)産駒は、未勝利でレッドミスティ・レッドレネットが引退…。

レッドアルジーヌは一口馬主としての未勝利戦の初勝利と1勝クラス、2つの勝利をあげてくれ、つい先日引退しました。

繁殖牝馬として北海道に戻って行ったので、東京サラブレッドクラブで仔馬が募集されたら出資したいな~、なんて妄想を膨らませています。

一口馬主の楽しみと今後

毎週愛馬の近況更新を楽しみに過ごしているのですが、引退してしまうと東サラのページが消えてしまって読めなくなってしまいます。

(私が見つけられないのかも?…ですが)

懐かしくなった時に振り替えれるように転載許可をいただいたので、こちらにたまに残していけたらと思います。

愛馬はまるで我が子のように可愛い!!

強ければ、なお、可愛い(笑)

負担に思わず続けていくためにも、馬を見る目を養いたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA