9月で閉園…まだ間に合う!今こそ、油壺マリンパーク

こんにちは、やちゃんです。

夫が平日の連休が取れたので、娘(0歳)を連れて3人で油壺マリンパークに行ってきました。

水族館好きの私としては油壺マリンパークには前々から行きたかったのですが、今まで行ったことはありませんでした。

今年の9月30日で閉館されるということで、今行くしかない…!と、訪問することにしました。

なんとなく行きにくい気がして先送りしてたけど、もっと早く何度か行っておけばよかった、素敵な所でした。

油壺マリンパークのチケット料金&駐車場

基本情報

住所     〒238-0225 神奈川県三浦市三崎町小網代1082

TEL    046-880-0152(ご予約・お問い合わせ) 

     046-881-6281(落し物お問い合わせ)

営業時間  毎日 9:00~17:00(最終入園は閉館時間の30分前)

チケット料金(一般料金)

大人(高校生以上) 1800円

中学生 1300円

小学生 900円

幼児(3歳以上) 500円

ペット 500円

公式ホームページにもローソンチケットや前売りの割引クーポンが掲載されていて、そのまま窓口に直行して買うよりも安く入場することが出来ます。

割引は多数ありますが、該当するものがなければ行く前に公式ホームページをチェックしてみましょう。

ちなみに支払いはカードも使用できます。

今回我が家はJAFの割引を使ったので、大人1人1440円(2人分で2880円)で入園しました。

駐車場

油壷マリンパークの正面には1日1000円で止められる駐車場があります。

ナビの導くままに1000円の駐車場に止めましたが、帰るときにもっと手前に1日500円の駐車場があった事に気づきましtあ。

下調べは大切ですね。

歩く距離は少し長くなってしまうので、これから暑くなるので体力とも相談ですね。

油壺マリンパークのオススメポイント

ペットの入場可

他の水族館にもある程度は行きましたが、特徴的なのはペット入場可なことだと思います。

入場料の欄にも”ペット”の記載あり(500円)

私が行った日にも、たくさんのペット連れの方が来園されていました。

敷地内にドッグランもありました。

ペット連れではないので現地の写真はありませんが、このヤシの木?の伸び方に生命力を感じて撮りました。

ペット連れの方に対して、かわいい注意書きがありました。

たしかに夏は地面が熱いですよね…

かわうその森

メインの水族館「魚の国」だけでなく、広い敷地内にに”ペンギン島やあしか島などの展示されていました。

その中でも、いくつかの水槽にわかれて展示されているかわうそたちが可愛かったです。

1匹ずつ名前が掲示されてて愛着が湧きました。

木がたくさん生えていて、暑い日でも(比較的)涼しく歩けるのでオススメです。

やちゃん
やちゃん

水族館にきてるけど、動物園的なところもあって、

二度おいしい

いるか・あしかのパフォーマンス

ちょうどいい時間に到着したので、いるか・あしかのパフォーマンスにも間に合いました。

(あらかじめ開演時間はチェックしておくことをオススメします)

屋外で行われることが多いイメージですが、油壺マリンパークでは半分屋内?な施設。

劇場みたいなところでした。

パフォーマンス自体も物語調になっている所が珍しいと思います。

この建物でパフォーマンスが見れます。

快適な授乳室

我が家は娘と3人での遠出のお出かけが初めてで、暑くなって来たので外での授乳や熱中症をとても心配していました。

閉館が決まってから来客数が増えたという事でしたが、来園したのが平日だったこともあり土日に比べて人は少なかったと思います。

一通り回ったものの、建物から出て歩くとすごい日差し。

入園ゲートのところに授乳室があったので利用させていただきましたが、これがすごく快適。

現在はコロナ対策で一度に利用できるのは一組になっていたので、変に焦ることもなかったです。

赤ちゃんにちょうどいい気温設定になっているので、暑い屋外から冷房の効いた授乳室に入ると生き返りました。

エントランスショップ

水族館のおみやげコーナーは海洋生物のぬいぐるみなどテンションの上がるものを多く見かけますが、こちらではかわうそのグッズがたくさんありました。

やちゃん
やちゃん

かわうそシリーズが豊富でほしくなっちゃう

訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

かわうその森を通ってからこちらによるとかわいさも2割増しです。

持って行ったほうがいいもの

これから9月の閉館まで、暑い季節が続くのでもっていけばよかったものをあげてみます。

  • 日傘・帽子(屋外の日差し対策)
  • 凍らせた飲み物(塩入りがオススメ)
  • 保冷剤(暑さ対策)
  • ハンドタオル(汗対策)
  • 虫よけスプレー

つまりは、夏のお出かけグッズですね。

天気や気温によりますが、いつもの持ち物にプラスで持っていくと快適に過ごせると思います。

これから行かれる方はぜひ、楽しんできてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA