【レッドレビン】通算17戦目~まさかの8回連続3着。安定感がすごすぎる~

2021年4月11日、愛馬のレッドレビンが阪神5Rに出走しました。

通算17戦目の結果

結果は、まさかの8回連続で3着。

今日のレース前まで7回連続で3着だったわけですが、今回は7頭立てということもあり「いつも以上の結果」を期待していました。

実はあまりのポカポカ陽気でボーッとしてしまい、6レースと勘違いしてレースをリアルタイムで見ることは出来ませんでした…。

7頭立てだと、複勝は2着までだと後から気がつきました。

愛馬の頑張れ馬券を毎回買いすぎて後悔する日々なので、ある意味よかったのか…

レッドレビンについて思うこと

レッドレビンと言えば、タフネス。

タフネスと言えば、レッドレビン(笑)

そういうレベルで、タフ。

今まで出資した愛馬は、レッドレビンを含めて今年で5世代10頭になりましたが、ここまでコンスタントにレースに出走する子は今のところ他にはおりません。

GⅠに出走するような馬に出資することは、もちろん夢であり目標であります。

が、

そもそもコスパ良く堅実に走ってくれる馬選びという目線で出資馬を選定しているので、現段階で出資して良かったと思っています。

当初は藤岡騎手固定で出走していましたが、このところは連続して富田騎手→横山典弘騎手でのぞんだ今回。

誰が乗っても、3着という記録を見事に(?)更新してくれました。

未勝利クラスを勝ち上がって、ここ3着を逆にすごすぎる!!

次回は誰がどう乗るのか…楽しみです。

いつか、勝ち上がりの日を楽しみに応援します!

近況情報

2021.04.11 : 4月11日レース後コメント(3着)

昆調教師「作戦は横山典騎手にお任せしましたが、誰がどう乗っても、どこの競馬場を走っても3着。何か前に2頭いないとダメな理由があるのでしょうかね。それでも走りの質は過去最高だったと思っているところで、上がり38秒台が当たり前の馬が、36秒台前半の脚を使って4着馬をかわして3着をもぎとったのは立派でした。横山典騎手は『ソロッといった割に手応えがいいわけでもなかったし、前が残る展開にもなったが、ダラッとせずに伸びてきたのだから大したものだと思う。前に乗ったときより冷静な走りで乗りやすかった』と話していました。この馬は中途半端に休ませるくらいなら使っていった方がいいタイプだとみているので、大きなダメージさえなければ厩舎に置いて次走を目指そうと考えています」

東京サラブレッドクラブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA